悟り+引き寄せ+因果応報+ノンジュアリティー★宇宙法則

自分自身が宇宙なのです。悟って楽ちんに生きましょう!

世界はバランスで、できている【ダイジェスト版】

 

【ドクターディマティーニ

”世界はバランスでできている” ◆要点まとめ ◆

 

※この本の要点をアップしますので、一通り頭に入れておきましょう♪ 
1章から9章までありますよ。説明がなく、ちょっと難しいですが、
感覚的に把握し、十分に理解できなくても大丈夫です。そのうち、だんだんわかってきますよ。
 

 

 

最もお得な値段で世界中の最高のホステルを探しなら【HostelsClub.com】

~第1章まとめ~

 

・すべての物事は「相反するもの」がペアで1セットになっている

 

・私達は認識できる範囲だけを「現実」と呼んでいる

 

・関わりたくないと思うほど、「関わらざるを得ない状況」が生まれる

 

・誰もが「ありのままの自分」を愛してもらい、感謝してもらいたいと思っている

 

・「ストレス反応」は意識を覚醒するためのフィードバックである

 

・人生における自由とは「誤った見解」からの解放

 

・感謝していない時、私達は「恐れ」と「罪」の意識に陥る

 

 

 

 

~第2章まとめ~

・この世には愛以外のものは存在せず、愛こそが「感謝の本質」である

 

・「正反対の価値観」を持つ人によってバランスがとれている

 

・異なる価値観を持つ人たちを愛せるようになることが、自分自身を愛する旅

 

・「良い」も「悪い」も自分たちの価値観のレッテル

 

・法則性を認知できないものは「ミステリー(神秘)」、認知できるものは「ヒスト   リー(過去)」となる

 

・信念と感謝の魔法で「奇跡」は起こる

 

・私達は「生かされてる人生」にただ感謝するだけでよい

 

 

 

 

~第3章まとめ~

・真の感謝の状態にいる時、「天才性」が目覚める

 

・「感情的な負荷」を取り除くことでスランプは抜けられる

 

・奇跡とは、感謝の力によって「自然の法則」が作用しているだけのこと

 

・多くの人は「自らに制限をかけるようなウソ(思い込み)」を信じてしまう傾向にある

 

・誰もが「ポジティブ」と「ネガティブ」の両方を持ち合わせている

 

・誰一人としていつもポジティブでいる人はいない

 

・人生はプラスとマイナスが完全に「50対50」のバランスになる

 

・ポジティブだけを追い求めることが「悪夢」と「うつ」になる原因

 

 

 

 

~第4章まとめ~

 ・組織は「正反対の人」がいることでバランスを保っている

 

・「感謝のバイブレーション」が社内に浸透することで企業は生き残れる

 

・仕事が「自分の人生の目的」をどう満たすかを理解すると、仕事が好きになる

 

・人は「感謝と恐怖」を同時に経験することはできない

 

・4つの感情(触発・夢中・好き・感謝)に沿うことで転職が見つかる

 

・人生は成功していると思うと「下降」し、失敗だと感じたとたん「上昇」する

 

・集中し続けるには「自分が最も重要だと思っている価値観」に沿うことが必要

 

 

 

 

~第5章まとめ~

・感謝すればするほど「経済的は豊かさ」を手に入れる運を手にする

 

・「富」という言葉は「お金」というよりはむしろ「望むもの」といった意味である

 

・お金は人と似たところがあり、「感謝し愛してくれる人」のもとに集まる

 

・自分自身を尊重するためにも、まず「自分のため」にお金を使う

 

・$1000万(10億円)稼ぐのも$100万(1億)稼ぐのも注ぐエネルギーは大して変わらない

 

・お金を本当に大事だと思うまでは「貯金」はできない

 

・富を「手に入れる前」に尊重する人が、人生で大きな富を築く

 

 

 

 

 

~第6章まとめ~

・相手の「利点」と「欠点」をバランスよく見つめたとき、相手に感謝や愛情を覚える

 

・私達は最も身近な「家族」に対して、愛や感謝を表現しない傾向にある

 

・親切と意地悪、支援と試練など、家族全員が「それぞれの役割」を演じることでバランスを保っている

 

・親は子供たちから、「学ぶ機会」をもらっていることに感謝しよう

 

・結婚するには相手を愛し「相手の価値観」までも愛さなくてはならない

 

・自分以外の家族は「彼らの価値観」に従って生きていると認識しなければならない

 

・私達はみな「宇宙的家族」の一員である

 

 

 

 

~第7章まとめ~

 

・自分と正反対の意見は、自分か「思い込みに固執」しているのを教えてくれている

 

・「英知」とは、あらゆる出来事や人々の両面の側面に目を向けること

 

・「無知」とは、物事の片面だけに目を向けて、もう一方の面を無視してしまうこと

 

・人生における支持と試練は「完璧なバランス」が取れており、どちらも必要である

 

・心配や不安は「幻想」にすぎず、人生においてそのようなアンバランスは生じない

 

・「世界の半分」は自分と合わないもので「残り半分」が自分と合うようになっている

 

・私達が「幸せ」と呼ぶ、良いことばかりの一方に偏った状態は幻想である

 

 

 

 

~第8章まとめ~

・誰もが自分の身体の「好きな所」と「嫌いな所」を持っている

・人は欲しいものを手に入れる為に、気が付かないうちに「外見」を変化させる

・自分の健康にとって「感謝と愛のバランスのとれた心」が一番よい

・身体は症状を通して、心の状態を「フィードバック」してくれる

・「治療」は感謝して心のバランスとった瞬間から始まる

・「恐怖」と「罪悪感」の二つは、私達の身体や精神状態に最も動揺を与える

・感情にとらわれない「バランスのとれた感謝」が重要である

 

 

 

~第9章まとめ~

・人生のすべての出来事は、あなたの中にある「感謝の魔法」を気づかせようとしている

・唯一の「間違い」とは、目に見えない人生のバランスを秩序を認識していないこと

・誰かまたは何かを真の意味で愛するとき、人はそれを「失くすこと」を恐れない

・絶えず変化する環境に対して、感謝の魔法は「完全な適応力」を発揮する

・「人生で求めるものの対極にあるもの」が私達を目覚めさせる

・何があろうとも、自分の内なる声から得た「インスピレーション」に耳を傾けよう

・毎晩毎晩、人生を振り返って自分を含めたすべてに「感謝の言葉」を贈る