悟り+引き寄せ+因果応報+ノンジュアリティー★宇宙法則

自分自身が宇宙なのです。悟って楽ちんに生きましょう!

やまがみ てるおさん(さとりまとめ)

さとり中級者(^_^)/

「いまここ」にさとりを選択する生き方 本(まとめ)

 

 

”さとり”の動画、本、ワークショップ、スピリチュアルTVでお馴染みの

山上てるお さんをご存じですか?

一瞥体験を3年ほど体験し、比較的長い期間体験された方です。宇宙のワンネスを図を使ってわかりやすく、説明されています。

 

今日は山上てるおさん の”「いまここ」にさとりを選択する生き方”・・・

という、さとり本をまとめていきます(誤字脱字ありましたら、すみません)

山上さんはとても一生懸命に説明されているので、熱意がとても伝わってきます。きっと真実を語ってると思います。

本の内容がとても、わかりやすいので是非詳しく知りたい方は、読んでみてくださいね(*^。^*)

友人にこの本を譲るため、今のうちに、まとめておきます。

 

 

(現実は自分のフォーカス次第 by  ランラン談)

ランランは仕事の人間関係でストレスがたまっており、最近この本を読みなおしました。

すべては自分(内側)から起こっていること、出来事に対するフォーカスするところが、良くなかったと、理解し、次の日は比較的、フォーカスを変えてみよう!と実践しました。よくないこと、嫌な事にフォーカスするのではなく、いい所にフォーカスすることです。

また、自分の過去体験、幼い頃に親から、・けなされた・あんたはダメな子・あんたはブス・だから、あなたはできない・どうして、できないの・もっと、こうなりなさい・だから、あなたはダメなのよ   などなど、純粋だった私達の魂はどんどん、自分はダメなんだ~と間違えて解釈、洗脳されていきます。

これは潜在意識に落とし込まれ、自分はダメな人間なんだ・・と信じ込んでいきます。

 

★上司に何かいわれた場合、あなたはどう反応しますか?

 

         ①反発する人、自分の正当性を言う人、自分が悪いんだ。

          攻撃的に反応する。
          (被害的、自分が悪いと思う心境)

 

 

         ②そう思うのか、それが何か?と思う。

          上司は調子悪いんだな、嫌な事があったんだな。

          (自分が悪いとは思わない心境)

 

①の自分が悪い、被害者的になるひとは、きっと、幼い時、ダメだダメだ。。と言われ育ったタイプ。自分にフォーカスを向けている。周りの状況を考える余裕がなく、自分が避難されたことに、思いを馳せている。(自信がない人:自分にフォーカスしている)

 

②上司の機嫌が悪いな、自分は何もしていないんだけどな。と捉える人は基本的に自信があるタイプ。相手にフォーカスを向けている。(自分より相手をみている)

 

このような、感じではないでしょうか・・

 

 

 

 

らんらんは仕事の新任上司に指摘、避難されると、辞めてやる~って思うタイプです。

自分にも自信があるタイプだと思ってました。

しかし、育った環境は、とてもダメダメ、絶対ダメーと言われてきました。

なので、本当は自信のないタイプなのでしょう。だから、辞めてやる-と思うのでしょう。

もし、自信のある人間だったら、相手にフォーカスを向けるので、辞めてやる-とは思うことはないのだろう・・・と思いました。

潜在意識ではそうなってるようです。

では、どうしたか・・・フォーカスを変えてみました。

 

次の日、不調和だった人たち(上司)が来たのですが、昨日の嫌な気分は自分のフォーカスが悪かったと、仕切り直し、現実は自分が作ると覚悟とういか、信じ込んで生きてみました。

結果、普通に明るく、何事もなかったように、上司に表現していました。それも、頑張るとかでなく、自分に焦点をあてたことで、心が軽くふるまえました。 

一歩前進です。フォーカスを変える、いい結果を出しましたよ。

 

 

 

やまがみさん(本)へ戻ります・・・・

(さとりへの3つのアプローチ)

私達は自我に拘束された人生を送っている。本来の私の役目はこの限定された視点からでは、想像できない。このため、自我に拘束された人生をいきている。

 

限定的な視点を持った意識にとって、これは自分の希望としない出来事、困難、障害として現実に写る。

そして、その困難な現実を変えようと執着することで、私達はこの困難に抵抗しつづけ、「宇宙生命」本来ほ役目、自然な展開に抵抗している状態である。

 

こうして、人生が、困難や障害の連続に感じられてしまう。

 

宇宙の本来の自分の役割、自然な方向への進むのを邪魔している。

これは、私達の限定された視点が原因である。

 

この原因を理解すると、抵抗する必要がなくなる。自我の抵抗を取り除けば、自然に目標は達成される。

 

(ランランコメント)

私達の視点は育った環境や今までの生きてきた経験で作られ、世の中を見るときや人を判断するときの”色めがね”となってます。生きてきた経験からできた(限定された視点)に問題があることに気づき、目を覚ましましょう。さあ、本当の自分に戻りましょう。。苦しむのは、今日でおしまいです。さとりを理解して、どんどん楽になりましょう。

 

 

目覚めのための3つのアプローチのご紹介(簡単に説明します、理解できますように)

 

①思考を観察する

過去の経験、ことば、思考の集大成で物事を考えてしまうので、その思考は本来の自分ではありません。(赤ちゃんのように過去経験に避難などない場合の思考、生まれたばかりのさらな思考、本来の傷つけられてない状態の自分が本当の自分です。)

私達が苦しみ、思考している現実は、過去の経験が作り上げた、思考なのです。植えつけられた盲信により、起きた現実なのです。

ですから、今思考しているのは、自分ではなく、過去を盲信している自分なのです。

その間違った思考をもう一人の自分を作って、見つめましょう。自分は今、こういう思考をしているな~、今こんな風に感じているんだな~  自分を二人つくるのです。

また、客観的にもう一人の自分持ち、思考を観察するとよいでしょう。

 

②あるがままにゆだねる

私達は「宇宙そのもの」のあらわれとして生きている、宇宙の背後にある宇宙をつくっている。

「いまここ」で自分の視点をとおして外の世界を見ている存在に意識を集中しよう。

外の世界を見ると同時にそれを見ている存在を意識する。そのまま自分の身体の内側からその存在の感覚のまま外を眺める。

私達は、この身体を生きながら同時に「宇宙そのもの」を生きている。「宇宙そのもの」から、この身体、この命をとおしてすべの細胞、分子、さらに小さな形態も同時に生きていることに意識を向ける。その感覚に慣れ親しむ。私達とは「宇宙そのもの」のあらわれとして「いまここ」にそれぞれの身体をとおして存在している。

 

ポジティブワールドへの転換

現実は経験の蓄積によって構築されている。

体験か記録された記憶。この積み重ねが今を作り上げている。

 

人生は今を視点として、つねに新しい展開を迎える。

過去はすでに過ぎ去ったものであり、今は存在しないもの。このことから、これかの展開を変えることができるのは今だけである。

世界は私達が映し出す鏡である。したがって、新しい展開(物事の捉え方)はその一瞬前の反応に対応した現実となる。

 

出来事----------------A:ネガティブな反応-----------→ネガティブな展開

         B:ポジティブな反応-----------→ポジティブンな展開

 

人生は常に新しい展開を迎えます。今を始点として、新しい展開が生まれます。

 

すでに構築されている古い世界観を、それに対する疑問によってある程度崩壊させて、新たな世界観を構築していく必要があります。

すでに構築されているせいか刊の偽りに目を向けて、その真意

逆転が起こらなければならない。

 

出来事を体験すると無意識のうちに反応を行います。無意識に反応を行い、その結果を受け取ります。

愛の波長は愛を呼び寄せ、それに反する波長を遠ざけます。これが引き寄せの法則です。

 

 

 

※出来事の体験とそれに対する反応とのあいだには何の関係もない※

世界は不可逆的存在です。このため、すでに起こった出来事には対処のしようがありません。それでいて、私達は自分の内側で感じてた世界観を現実で受け取ります。

 

起こった出来事と反応のあいだには、直接の関係がないことを理解することができます。

出来事に対する、普段の反応を繰り返すと、その経験の蓄積によって構築された現実になります。

なので、これを覆すことが必要=新しい世界観が必要である

 

いつもの自分の思考(偽り)に目を向けることをはじめましょう。その思考を疑い、偽りが暴かれます。

そこに新しい世界観が構築されていきます。(新しい思考)

これで世界観の転換が起こります。

 

出来事とそのに対する反応には直接関係はありません。これは、どんな反応をおこすことも自由であるということを意味します。

出来事の内容がどうであれ、ポジにもネガにもどっちでも選択できるからです。

自我は途中でそれをあきらめることを私達に要求してきます。自我は過去の世界観の中で生き、そこが安心領域だからです。

新しい世界観への転換は新しい経験に蓄積によって作られます。

 

 

いまここ の反応が変わると、それを反映した新しい展開が起こる。

これを何度も繰り返す。やがて、人生は自分でも変化していることがわかる。

意識性を高め、これまでとは、違った選択を繰り返し、そうして受け取る結果を蓄積していく必要があります。

 

 

 

※お金の法則式※  

 

報酬=社会貢献度×希少性×貢献の量

自分の特性を生かして、社会貢献することです。

世界の役に立つことに比例して、受け取るお金の量は決まります。

本当の自分を生かすこと、これが生まれた理由なのかも知れないですね。

 

 

 

 

 

 

 

お金は無限にある

お金は無限の源泉である

 

今回は、お金から自由になるお話です。

ほとんどの人は働いてお金を稼ぐという感覚で生きていますね。

これが、常識?かもしれませんが、そういう領域から一歩上の考え方を

お教えしますね。

 

ステージに上と下の領域があったとして、ほとんどの人は下の領域で生きています。

 

下の領域で生きていると、お金は有限であり、手元からなくなったら、おしまい。

と考えてます=お金は無くなるものと考えています。

そして、みなさんお金持ちを目指しますね。お金はなくなってしまうから、求める。

この下の領域では、常にお金の争奪戦が行われます。そして、心も、お金に翻弄されつ

づけます。お金は入ってきたら、それを守る。出ていかないように考える。

 

下の領域にいたら、沢山働けば、時給が高ければ、お金が入ると考えますね。

ここでは、お金の奪い合いをしていて、お金の争奪戦、価格競争をしていることになり

ます。

この領域でどんなに必至に稼いでも、お金は無くなります。稼いだお金を守ろうと必死です。ここにいる人はお金、金(きん)、資源(石油など)には限りがある と考えてます。

だから、取り合い、隠し合いをしてしまいます。

 

 

しかし、

 

 

上に領域の感覚はどうでしょうか・・・

 

例えば、ありがとう、と多くの人に言ったら、あなたの中のありがとう、は無くなりますか?

好きな人に、愛している、と言ったら、愛しているという言葉は無くなりますか?

言葉は無限の源泉ですね。

お金もエネルギーが物質化したものなので、本質的には同じなのです。

これが上の領域の感覚なのです。

お金は無限にあるのがわかってきます。とっても、難しいですね。

沢山の人に思いやりを与えたら、沢山の思いやりが戻ってきます

 

例えば、感謝は目に見えますか?見えませんね。

誰かに、感謝すると、感謝は減りますか?

ありがとうを言いすぎて、ありがとうは無くなってしまいますか?

キスをするとキスは無くなりますか?

減りませんね。

これらは、無限の源泉から出てきているから減らないのです。

もし、感謝すると感謝が減るのであれば、できるだけ感謝しないようにしようというの

が下の領域にいる人の感覚です。

しかしながら、この宇宙の仕組みでは、お金は無限にあるのです。

 

下の領域にいる感覚   ・お金を払ったら、お金は減る

            ・お金を払いたくないから値切る(減らしたくない)

            ・支払いは嫌だ、少ない方がよい

                 ↓

             愛がない・感謝がない感覚

 

            

 

上の領域にいる感覚   ・お金を払う意味を知っている

            ・支払いできることは、その分、いい気分になる事を貰った

            ・お金を使う度、ありがとうの思いがある

            ・沢山の支払いの金額は欲しい物を受け取った量と等しい

                 ↓

               感謝している感覚

 

 

ここが違うのですね。               

さあ、あなたはこれを理解できますか・・   

 

 

 

 

 

 

 

時はカネ以上の価値がある

~時間の価値を実感している人~

(時間の価値を知りましょう♪)

 

 

◎ 1年間の価値に感謝するには、期末試験に落ちた生徒に聞いてみよう。

 

◎ 9か月の価値に感謝するには、死産を経験した母親に聞いてみよう。

 

◎ 1週間の価値に感謝するには、週刊雑誌の編集者に聞いてみよう。

 

◎ 1時間の価値に感謝するには、待ち合わせをしている恋人達に聞いてみよう。

 

 ◎ 1分の価値に感謝するには、電車、バス、飛行機に乗り遅れた人に聞いてみよう。

 

 ◎ 1秒の価値に感謝するには、オリンピックで銀メダルをとった人に聞いてみよう。

 

 

 

※お金は後で増やせますね、時間は待ってはくれないのです。

 時は金なり ではなく、 時は金以上 なのですね。

   ぼやぼやしてたら、死んでしまう・・

   与えられた時間すべてを大切にしましょう(^_^)/

 

 

 

 

財布の布団もお休みさせましょう

 

 

お風呂時間もリラックス~

 

 たまには遠くへ・・

 

 

世界はバランスで、できている【ダイジェスト版】

 

【ドクターディマティーニ

”世界はバランスでできている” ◆要点まとめ ◆

 

※この本の要点をアップしますので、一通り頭に入れておきましょう♪ 
1章から9章までありますよ。説明がなく、ちょっと難しいですが、
感覚的に把握し、十分に理解できなくても大丈夫です。そのうち、だんだんわかってきますよ。
 

 

 

最もお得な値段で世界中の最高のホステルを探しなら【HostelsClub.com】

~第1章まとめ~

 

・すべての物事は「相反するもの」がペアで1セットになっている

 

・私達は認識できる範囲だけを「現実」と呼んでいる

 

・関わりたくないと思うほど、「関わらざるを得ない状況」が生まれる

 

・誰もが「ありのままの自分」を愛してもらい、感謝してもらいたいと思っている

 

・「ストレス反応」は意識を覚醒するためのフィードバックである

 

・人生における自由とは「誤った見解」からの解放

 

・感謝していない時、私達は「恐れ」と「罪」の意識に陥る

 

 

 

 

~第2章まとめ~

・この世には愛以外のものは存在せず、愛こそが「感謝の本質」である

 

・「正反対の価値観」を持つ人によってバランスがとれている

 

・異なる価値観を持つ人たちを愛せるようになることが、自分自身を愛する旅

 

・「良い」も「悪い」も自分たちの価値観のレッテル

 

・法則性を認知できないものは「ミステリー(神秘)」、認知できるものは「ヒスト   リー(過去)」となる

 

・信念と感謝の魔法で「奇跡」は起こる

 

・私達は「生かされてる人生」にただ感謝するだけでよい

 

 

 

 

~第3章まとめ~

・真の感謝の状態にいる時、「天才性」が目覚める

 

・「感情的な負荷」を取り除くことでスランプは抜けられる

 

・奇跡とは、感謝の力によって「自然の法則」が作用しているだけのこと

 

・多くの人は「自らに制限をかけるようなウソ(思い込み)」を信じてしまう傾向にある

 

・誰もが「ポジティブ」と「ネガティブ」の両方を持ち合わせている

 

・誰一人としていつもポジティブでいる人はいない

 

・人生はプラスとマイナスが完全に「50対50」のバランスになる

 

・ポジティブだけを追い求めることが「悪夢」と「うつ」になる原因

 

 

 

 

~第4章まとめ~

 ・組織は「正反対の人」がいることでバランスを保っている

 

・「感謝のバイブレーション」が社内に浸透することで企業は生き残れる

 

・仕事が「自分の人生の目的」をどう満たすかを理解すると、仕事が好きになる

 

・人は「感謝と恐怖」を同時に経験することはできない

 

・4つの感情(触発・夢中・好き・感謝)に沿うことで転職が見つかる

 

・人生は成功していると思うと「下降」し、失敗だと感じたとたん「上昇」する

 

・集中し続けるには「自分が最も重要だと思っている価値観」に沿うことが必要

 

 

 

 

~第5章まとめ~

・感謝すればするほど「経済的は豊かさ」を手に入れる運を手にする

 

・「富」という言葉は「お金」というよりはむしろ「望むもの」といった意味である

 

・お金は人と似たところがあり、「感謝し愛してくれる人」のもとに集まる

 

・自分自身を尊重するためにも、まず「自分のため」にお金を使う

 

・$1000万(10億円)稼ぐのも$100万(1億)稼ぐのも注ぐエネルギーは大して変わらない

 

・お金を本当に大事だと思うまでは「貯金」はできない

 

・富を「手に入れる前」に尊重する人が、人生で大きな富を築く

 

 

 

 

 

~第6章まとめ~

・相手の「利点」と「欠点」をバランスよく見つめたとき、相手に感謝や愛情を覚える

 

・私達は最も身近な「家族」に対して、愛や感謝を表現しない傾向にある

 

・親切と意地悪、支援と試練など、家族全員が「それぞれの役割」を演じることでバランスを保っている

 

・親は子供たちから、「学ぶ機会」をもらっていることに感謝しよう

 

・結婚するには相手を愛し「相手の価値観」までも愛さなくてはならない

 

・自分以外の家族は「彼らの価値観」に従って生きていると認識しなければならない

 

・私達はみな「宇宙的家族」の一員である

 

 

 

 

~第7章まとめ~

 

・自分と正反対の意見は、自分か「思い込みに固執」しているのを教えてくれている

 

・「英知」とは、あらゆる出来事や人々の両面の側面に目を向けること

 

・「無知」とは、物事の片面だけに目を向けて、もう一方の面を無視してしまうこと

 

・人生における支持と試練は「完璧なバランス」が取れており、どちらも必要である

 

・心配や不安は「幻想」にすぎず、人生においてそのようなアンバランスは生じない

 

・「世界の半分」は自分と合わないもので「残り半分」が自分と合うようになっている

 

・私達が「幸せ」と呼ぶ、良いことばかりの一方に偏った状態は幻想である

 

 

 

 

~第8章まとめ~

・誰もが自分の身体の「好きな所」と「嫌いな所」を持っている

・人は欲しいものを手に入れる為に、気が付かないうちに「外見」を変化させる

・自分の健康にとって「感謝と愛のバランスのとれた心」が一番よい

・身体は症状を通して、心の状態を「フィードバック」してくれる

・「治療」は感謝して心のバランスとった瞬間から始まる

・「恐怖」と「罪悪感」の二つは、私達の身体や精神状態に最も動揺を与える

・感情にとらわれない「バランスのとれた感謝」が重要である

 

 

 

~第9章まとめ~

・人生のすべての出来事は、あなたの中にある「感謝の魔法」を気づかせようとしている

・唯一の「間違い」とは、目に見えない人生のバランスを秩序を認識していないこと

・誰かまたは何かを真の意味で愛するとき、人はそれを「失くすこと」を恐れない

・絶えず変化する環境に対して、感謝の魔法は「完全な適応力」を発揮する

・「人生で求めるものの対極にあるもの」が私達を目覚めさせる

・何があろうとも、自分の内なる声から得た「インスピレーション」に耳を傾けよう

・毎晩毎晩、人生を振り返って自分を含めたすべてに「感謝の言葉」を贈る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

因果応報

言葉、行動、善い行い、悪い行い・・・すべてはエネルギー★

 

(どんなことにも波動があるので、自分が出したものは、自分に返ってきます)

 

 

 この宇宙は全てエネルギーでできています。人間は肉体は物質ですが、中身は魂であり、一言でいえば、光でできています。とても難しいですね。

 

 人間は死にます、それは肉体がなくなるだけで、中身の魂は永遠と残ります。

ただし、魂そのものはエネルギーなので、形を変え、新たな場所へ行くだけなのです。

 

 

たとえば、

雨が降る → 川に流れ → 海へ流れ → 蒸発して雲 になる→ 雨が降る

(これを繰り返してますね)

 

 

雲になったら、また雨となる・・・・これと同じで、エネルギーも形を変えるだけのことなのです。

 

 

 人間の肉体は目に見えますが、魂(エネルギー)は見えないので、とても理解しづら

いですね。ちょっと、話は深くなりましたが、エネルギーは形を変えるもので、言葉、

行動、善悪の行いもエネルギーなので、いづれ自分に返ってくるのです。

 

 

 

 たとえば、嘘つき、詐欺、泥棒、人に迷惑をかける人などなど、悪事をしている人っ

ていますね。そして、悪事をしている人が幸せに生きているように見えるときありませ

んか?そして、善人なのに、いいことがなくて、損だ・・とか思ってませんか?

 

でもご安心ください。悪事を働いている人が何事もなく生きている、よ、う、に  

見えてるだけなんです。わざわざ、悪人は人に自分に悪いことが返ってきたなんて言い

ませんよね。

 

 

◎悪事をする人が幸せそう・・・?

 

◎善人なのに不幸に見える・・・・・?

 

 

そう見える時、それは一時的な状態なのです。

悪事をする人は必ず、後になって、苦しみます。

善人は必ず、後になって幸せになります。

 

(投げたエネルギーは、同じ量が戻ってきますよ)

 

悪人は度々、幸せで、成功したように見える時がありますが、そうではないのです。

悪人に何事もなく、終わることはないですよ。後にその悪事にふさわしい出来事が必ず

起こります。

ただ、時間差があるだけなのです。

長い目でみたら、不幸になります。

 

 

(こういう場合もあります)

 今まで、悪いことをしてしまったから、これからは反省して、善人で生きよう。

と心を入れ替えると道が変わってきますし、起きる出来事も変わります。

 

 しかし・・・

       心を入れ替える→ しかしうまくいかない

 

 

これは、心を入れ替えても、以前の不誠実な行いがあるので、うまくいかないようになっています。

 

しかし、反省し善行を続ければ、いずれ、うまくいきます。

いずれ、善行が蓄積されたら、良い状況へなるのです。

 

 

(この場合は注意)

 また、不正していたり、お客様へ悪影響がある会社で働いている場合、これは会社の

指示でしているので、仕方がない、悪くない、と思ってしましますね。

難しいですが、結論はよくありません。

 

間接的にでも人へ悪を働くことは、間接的に自分に返ってきます。気を付けましょう。

 

 

 

(今からやること)

今、どん底にいる場合、環境を嘆くのではなく、今目の前にある、小さな事を誠実に、こなしてください。

 

 

例えば、掃除、ごみ捨て、親切、あいさつ、小さなことから始めましょう。生きることは、小さい行いが連続したものです。

一つの行為は重要ではないかもしれなけど、それは長くつらなってます。

善行も悪行の蓄積されます。

 

 

    小さいものにも誠実であれば、大きなものにも誠実である

 

 

なので、目の前のことに、いちいち誠実になりましょう。

誠実という行為をしていれば、やがてそれに相応しい出来事が起きてきます。

小さいものに誠実であれば、やがて大きなものが返ってくるんですね

 

こういうのは目に見えないから、難しいですね。信じてやりましょう。

きっと、やってるうちに、確信するでしょう(^_^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇跡の仕組み♪

奇跡にも起こる理由があるんです。

奇跡は、原因があっての結果なのです(^_^)/

 

 

 奇跡を起こす簡単な方法は、今の現実に心から充足感を感じ、現実に感謝をすることです。一ミリでも嘘の感謝があると潜在意識に浸透しませんので、奇跡は起こりません。

 

 しかし、嘘でもいいから、感謝しています。といったり、ありがとう。を言うと、その様に、脳は錯覚し、少しずつ潜在意識に入るんです。

 

 

感謝することって?

 

 

思いつく限り感謝するのです。

    ・目が見えます。感謝いたします。

    ・歩けます。感謝いたします。

    ・寝る場所があります。感謝いたします。

    ・働く場所があります。感謝いたします。

    ・喧嘩する相手がいます。感謝いたします。

    ・呼吸ができています。感謝いたします。

    ・携帯電話がとても便利です。感謝いたします。

    ・24時間コンビニで物を買えます。感謝いたします

    ・PCを発明した人に感謝いたします。

    ・PCを発明した人にも親がいますね。なので、産んでくれた親に感謝。

    ・PCを売る、電気屋さんで気軽に買えて感謝いたします。

    ・コンセントがあって、差し込むだけで、電流が流れる事に感謝いたします。

 

    ※このように感謝していくと、膨大に膨大にいくらでも、ありますね。

    

 

 

 

このように、初めはバカげてる、、って思うかも知れませんが、これが習慣になってくると、本当にそう思えてくるんですよ。本当にそう思えてきたら、それは潜在意識に,

どんどん、入っていくんですよ。

 

 

ランランも、繰り返してるうちに、感謝することは膨大にあり、感謝しきれない・・・ほど、いくらでも芋づる式にあることに、気が付きました。

 

 

さあ、みなさん、感謝できますか?感謝しようと思いますか?

これしか、幸せになる(充足感を感じる)  方法はないのです。

 

 

 

感謝する人=幸せの充足感を感じる人

感謝できない人=不幸せと感じいる人

 

 

 

どちらをすると、引き寄せが起きると思いますか?

答えは決まってますね。だから、感謝の人生を送りましょう(^_^)/

感謝道など、アファメーション、感謝ワークで、どんどん、感謝できるようになっていくですよ。もう一つはインナーチャイルドを癒すことです。

そして、執着が取れてしまうくらいになったら、ピュッ引き寄せてしまいます。

  

 

 

ランランの経験では、ある物事に対して、自分だけが幸せになる、ではなく、私以外でこの世界の誰かが、幸せになるなら

=世界で幸せが1つ生まれることだから、その幸せは自分でなくていいんだ・・って思ったら、なんと、すばらしい結果を得たことがあります。(あの時の感覚は神に近いと思います。)

こうして、理想の結果を引き寄せられるんですね(*^。^*)

 

 

 

だから、奇跡は起こるんです。

 

 

 

インナーチャイルドを癒そう

インナーチャイルドを癒すのが最大の秘訣

 

 

 これができたら、引き寄せが急加速します。

引き寄せを起こしたいなら、自分の過去(考え方)を癒すのです。

 

 

 多くの方は自分は幸せでない。。誰かのせい、親のせい、と思っていたりしますね。

みーんな、きっとそう思ってます。ランランも支配的母親からの被害者だと長年思い続け、苦しんできました。

 

 心の深いところで自己評価が低かったり、自己否定をし続けていませんか。

自己否定があると、自分は幸せになってもいいのか・・幸せは似合わないと無意識に思い込んでいる場合、それが現実化します。

 

例え、願望が実現しても長続きしません。深層心理では、それを否定しているから、否定している現実(欲しくない現実)が叶ってしまうのです。

  

 

今よりインナーチャイルドが癒され、他人からの承認を得るための行動をしなくなった時、行動が変わるので、思考パターンも変わり、現実も変わってきます。

 

 

 

顕在意識(意識がある領域=ごちゃごちゃと考えてる脳)での行動を変えても無駄なのです。なぜなら、潜在意識(深層心理=無意識)が変わってないから。無意識の行動こそが潜在意識となり、現実が変わります。

脳の90パーセント以上の思考、行動を支配しているのは、潜在意識です。

たった、10パーセント未満の顕在意識を変えても、ほとんど、効果はないでしょう。

 

 

そう、私は被害者って思ってませんか?でも、あなたは被害者ではなかったんです。

それがインナーチャイルドを癒していくと、そう思えてきます。そう、思えたら、引き寄せは、意図も簡単に起こってしまいますよ。

 

 

※後日のブログでワークを提供しています。ご活用くださいね。皆さんの人生を心から応援してます。